帯広八千代ユースホステルで出している夕食のことや、地元の見所、些細な日常等など・・・気ままにゆるりと書いていきます。 帯広八千代YH HP http://www2.odn.ne.jp/~yachiyo/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ネイチャーホースライディングはいかが?
2008-01-16 Wed 01:11
当ユースより車で40分『千年の森』のフィールドで
ほぐりの村「森の牧場」主催のネイチャーホースラ
イディングを楽しむ事が出来ます。

先日お泊りのお客様が体験に参加されるとのこと、スタートまでの
ほんの一部を見学させていただきました。

乗る馬は“どさんこ”です。
     0nhr2.jpg
       よろしくー☆

まず自分が乗る馬を放牧場へ捕まえに行くところから始まります。
馬の体をブラッシングして、鞍をのせ全て自分でやって馬とのコミ
ュニケーションを築きあげていってから、馬場で練習そうして、林道
コースへ出発していきます。

乗馬を終えた後も、馬の体温や脈拍をはかり記録をとるそうです。
計3時間のコースです。

なかなかおもしろいと思いませんか?

用意された馬に乗ると言った形の乗馬体験もいいものですが、
ちょっと変わったこの乗馬体験おいおいHPでくわしく紹介していきます。

        0nhr3.jpg



ランキング参加してみます。良かったらぽっちとお願いします。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
<<GO!GO! | ゆるりと行こう! | 何故に?>>
この記事のコメント
No title
コメントありがとうございます。
ただいまHP 製作中です、コメントの一部を
抜粋させていただくかも・・・・
2008-01-17 Thu 23:14 | URL | ちゃーちゃん #-[ 内容変更]
体験者より
その乗馬体験をした張本人より、コメント追加します。

本文中に有るとおり、単に馬に乗るだけではなく、その前後の過程も含めた
コースになっているのが、とてもユニークだ思いました。
気に入ったのは、こうしたプロセスを踏むことで、
まず、自分がこれから乗る馬と、はじめの段階でじっくり関係を
築いていけること。。
実際には、十分調教された馬なら、いきなりでも人を乗せることはできるの
でしょうけど、こうしたプロセスを踏むことで、より馬を身近に感じることが
できると思います。
また、馬具を自分で取り付ける、というのも、自分で自分が乗る馬の
準備をしているんだ、という気持ちになって、他人任せでは無い、
という意識にしてくれます。
きちんとした乗馬スクールならもちろん馬具の取り付けや馬のケアも
教えるはずですが、大抵の体験乗馬ではこうしたことは省略されているので
はないかと思います。
それが、ここではしっかり体験することができます。

馬を、乗り物や道具としてではなく、生き物として尊重するところから
はじまる。そんなコンセプトの乗馬体験ができるのが、ここの
特長だと思います。

また、林間コースでの乗馬についても、すこし報告しておきます。
雪の積もった森の中を、先頭にはばんえいに出てくるような大きな馬が
ラッセルして先導。そのあとをついていきます。
ときどき吹きだまりでは、足を取られそうになったり、雪が深いところでは
鐙のすぐしたにまで雪が来たりしますが、ともかく、静かな空間を
馬で散策するのは、スノーシューでの散策とはまた違った趣があります。
なにより視点が高いので、眺めも良いです。

面倒なことが嫌いな人や、馬に乗ることに専念したい人には
あまり向かないかも知れませんが、
馬と接することから楽しみたい人にはお勧めです!

# 本文に、
# 「おいおいHPでくわしく紹介していきます」とあったので、
# あえて書くまでもなかったかも知れませんが、
# 記憶が新鮮なうちに書き留めておきたくて、おじゃましました。
2008-01-16 Wed 22:53 | URL | K.K. #v0W2OX1k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ゆるりと行こう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。